カメチキンカメチキン

社内メールで「人事課 御中」ってメールが届いたんですが、正しいのでしょうか?



うさロングうさロング

メールでの御中の使い方ですね。封筒やはがきとは違うマナーがあるので紹介しましょう。







「御中」の基本的な使い方はマスターしてるつもり。

だけど、

メールでの「御中」の使い方となるとちょっと自信がない…

なんて困っていませんか?



そう、

御中:組織・団体宛に使う

という意味なので、

物理的に1つしかない封筒やはがきを組織宛に送付するときの「御中」は、

受け取った封筒やはがきをその組織の中の誰かに確認してもらう

という意味で違和感はありません。


ですが、

メールの場合は同時に複数の人に送付できるので

複数の人がメールを受け取っているのに、その組織の中の誰かに確認してもらう

という意味が当てはまるのかどうか…


そこがよくわからなくなってしまうんですね。


そこでこの記事では、

  • 「御中」のメールでの正しい使い方
  • 社内向けメールにも使えるか
  • 「各位」との違い

について詳しく解説していきたいと思います。

広告

「御中」のメールでの使い方と書き方

まず、「御中」がメールでも使えるのかどうかですが、

メールでも使える

が正解です。


ただし、使い方には注意事項があります。


注意事項を説明する前に、ここで、もう一度「御中」の意味についておさらいです。


「様」と並べるとわかりやすくなるのですが、

  • 御中:組織・団体宛に使う
  • 様:個人宛に使う

となります。


ただ、「組織・団体宛に使う」といっても、

組織そのものに対して読んでね、とお願いしているわけではなく、

組織の中の個人の特定はできないけど、組織の中の誰かが読んでね

ということを表しています。


「御中」のイメージはこんな感じです。
「様」と対比してみるとわかりやすいですね。
↓↓↓



なお、「御中」と「様」についてより詳しく解説した記事はこちらです。
↓↓↓
御中・様・行の使い分けを一覧で|同じ宛名に同時に使うことはできる?



さて、「御中」をメールで使う場合の注意事項ですが、

「御中」は、

組織の中に属する誰かが読んでね

という意味で使われるのですから、

その組織に属する人全員が宛先になるようなメールはおかしい

ということになります。


うさロングうさロング

同時に複数人に送信できるメールの特性ゆえの注意点ですね。



なので、「御中」をメールで使えるようなケースは、

課単位などの組織専用のメールアドレスに送るような場合

となります。


例えば、

jinji@tsuru-kame.co.jp
(←鶴亀株式会社の人事課)

みたいな、組織用アドレスの場合です。


その場合の宛名の書き方は、

  • ▲▲株式会社 人事課 御中
  • ▲▲株式会社 人事課採用係 御中
  • ▲▲株式会社 技術部開発担当 御中
  • 〇〇高等学校 御中
  • ○○高等学校 学生課 御中

などとなります。


というわけで、注意事項を踏まえた結論は、

「御中」は組織用アドレスに送信する場合はメールでも使える

ということになります。

広告


社内向けメールと「御中」

では、社内向けメールに「御中」は使えるのでしょうか。

結論的には、

社内向けメールに使うのはふさわしくない

です。



先に説明したとおり、形式的に考えれば、

「御中」は組織用アドレスに送信する場合はメールでも使えるので、

このルールは社内向けメールにも当てはまります。


ただ、「御中」の本来の意味は、

組織の中の個人の特定はできないけど、組織の中の誰かが読んでね

ということです。


同じ社内で「組織の中の誰かが読んでね」みたいなことはほとんどありません。


個人名までは特定できなくても、

  • ○○課 人事担当者
  • 〇〇課 庶務担当者
  • ▲▲課 経理担当者
  • ▲▲課 研修担当者

といった具合に特定は可能なはずです。


そのうえで、個人名での特定まではできない場合に、

組織用アドレス宛

  • 〇〇課 人事担当者 様
  • 〇〇課 庶務担当者 様
  • ▲▲課 経理担当者 様
  • ▲▲課 研修担当者 様

といった宛名で送付するのが通常です。


このような宛名にせずに、

社内で「〇〇課 御中」

なんて宛名でメールが届くと、

ビジネスマン

件名から担当者が推測できるけど、なんかよそよそしいな〜


となってしまいます。



そいういう意味で、

社内向けメールに使うのはふさわしくない

となるわけです。

広告


各位との使い分け

さて、「御中」のメールでの使い方がわかったところで、

続いて疑問に感じるのが、

「各位」との使い分け

ではないでしょうか。


まず、「各位」の意味ですが、
各位:大ぜいの人を対象にして、その一人一人を敬っていう語
(大辞泉)
です。


なので、

  • 御中:その組織の中の誰か
  • 各位:その組織の中の一人一人

といった違いがあり、これが使い分けとなります。



この「御中」と「各位」の違いをイメージにすると、こんな感じになります。
↓↓↓




「各位」を使った宛名は、

社外宛には、

  • ▲▲株式会社 〇〇課 各位
  • ▲▲株式会社 関係者 各位
  • お取引先 各位

また、「各位」は社内向けにもよく使われていて、

  • 〇〇課 各位
  • 関係者 各位

などと表記されます。


なお、「各位」自体が敬称なので

▲▲株式会社 関係者 各位 様

のような使い方は二重敬語となって誤りです。

広告


まとめ

カメチキンカメチキン

社内メールでの「御中」に違和感があったのはそういうことだったんですね!



うさロングうさロング

社内でも「御中」が使えないわけではないですが、ふさわしくはないでしょう。


まとめると、

「御中」はメールでも使えるが、基本は

課単位などの組織用のメールアドレスに送るような場合

となります。


ただし、社内メールでは、

通常、メールを送る先の個人がある程度特定されるはずなので、

「御中」を使うのはふさわしくない

といえます。


「御中」と「各位」との使い分けは、

  • 御中:その組織の中の誰か
  • 各位:その組織の中の一人一人

でした!


「御中」についてもっと知りたいと感じたあなたは、こちらの記事もどうぞ。
↓↓↓
「担当」宛に「御中」「様」を使い分けるには?学校や病院宛とではマナーは違う?


それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

広告