上司と乗るエレベーター…

先に乗るのは上司?私?


社会人になってから頭を悩ませるマナーの1つですよね。


さらに細かく言うと、

・乗ってからの立ち位置
・ボタン操作
・降りる時の順番

などについても悩ましいところ。




そこで、この記事では

ビジネスにおけるエレベーターのマナーについて

  • 乗り降りの順番
  • エレベーター内の席次
  • ボタン操作や声かけ

などを詳しく紹介していきます。

広告


エレベーターのマナー【ビジネス編】

エレベーターでのマナーは、時系列で考えると整理しやすいです。

  • 乗る前
  • 乗るとき
  • 乗ってからの立ち位置
  • ボタン操作
  • 降りるとき

  • 以下、この時系列順に詳細を紹介してきますね。

    エレベーターに乗る前

    エレベーターに乗る前の上下のボタン、

    上司に押してもらったりしてませんか?


    乗る前の上下ボタンは目下のあなたが押す

    のがビジネスマナーです。


    また、エレベータ前での待ち方は、

    降りる人の邪魔にならないよう

    ドアの正面ではなく脇に立つ

    ようにします。

    エレベーターに乗るとき

    一般的なマナーは

    目下のあなたから乗る

    とされています。

    先に乗って

    • エレベーター内でボタン操作をする必要性
    • 目上の人の案内

    という観点からです。


    このとき、

    「お先に失礼いたします」

    と声かけをすると丁寧です。


    乗ってからの流れは、

    エレベーターに入ったらすぐに操作盤の前に立って、

    「開」ボタンを押す

    とともに、

    片手でドアを押さえて「どうぞ」と上司に入ってもらう

    ようにしましょう。

    エレベーターに先に乗っている人がいる場合



    エレベーターの扉が開いたとき、誰かが乗っている状態の場合もあります。

    この場合は、

    先に上司に乗ってもらい、余ったスペースにあなたが乗る

    とイメージしておくといいでしょう。


    流れとしては、

    扉が開いてもあなたは先に乗らず、

    • 開いた扉を手で押さえて上司に「どうぞ」と促す
    • その後あなたが乗る
    • 操作盤の前に立てれば立つ

    というイメージです。


    乗客が多かった場合

    エレベーターが来たけど、人でいっぱいだった…

    上司とあなたが余裕を持って乗れるほどのスペースがないと判断したなら、あきらめて次に来るのを待ちましょう。

    くれぐれも上司に窮屈な思いをさせたり、上司だけ乗れてあなたが乗れない、なんてことのないように…。

    ※上司から「先に降りとくよ」「先に行っとくよ」などと言われたら後から追いかけましょう。

    広告


    操作盤の前に誰かがいる場合

    先にエレベーターに乗っている人が

    すでに操作盤の前に立っている場合

    を考えてみます。


    この場合は、

    「失礼します」と会釈をして、自分で行き先階のボタンを押す

    あるいは、手が届かない場合は、

    「恐れ入りますが、○階を押していただけますでしょうか。」とお願いする

    ことになります。


    もしあなたより目上の人が操作盤の前に立っていて、入れ替わるスペースがある場合は、

    「操作を代わりましょうか」と一声かけて操作を代わります。

    エレベーターに乗ってからの立ち位置



    実は、エレベーターでも「席次」があります。


    これまで説明したように、

    乗客が多くて無理な場合を除いて

    操作盤の前があなたの定位置

    です。


    上司はあなたの背後

    に位置します。


    エレベーター内での席次を図で示すとこのようになります。



    注意したいのは、操作盤が2つある場合

    この場合は、

    ドアから入って右側にある操作盤の前が「下座」となります。

    そして、上司はあなたの後ろです。


    エレベーター内のボタン操作

    さて、操作盤の前に立ったあなたは、操作盤をどのように操作すればいいのでしょうか。

    先に紹介した内容と重複する部分もありますが、

    流れを整理すると

    • 【開】ボタンを押しながら扉を押さえ、「どうぞ」と上司をエレベーターへ乗せる
    • 安全に乗れたことが確認できたら、行き先階のボタンを押す
    • 【閉】ボタンを押す

    という流れです。

    途中で乗ってくる人がいた場合

    途中の階で乗ってくる人がいる場合は、

    様子を見ながら開閉ボタンを操作し、

    乗ってきた人に「何階ですか?」と聞きましょう。


    ふとした対応についても心遣いできることをアピールしたいですね。

    広告


    エレベーターから降りるとき

    エレベーターから降りるときは、

    上司から先に降りてもらう

    のがマナー。


    あなたは、

    【開】ボタンを押しながら扉を押さえ、「どうぞ」と促します。

    来客の場合の対応

    基本的には、上司への対応と来客への対応とで変わりはないです。

    ここまでの「上司」という言葉を「客」と置き換えてください。


    ただ、お客様は会社の勝手を知らないので、あなたが案内人として果たす役割は大きくなります。

    エレベーター内でのボタン操作はもちろんですが、

    • エレベーターまでの案内
    • エレベーターを降りた後の案内

    について、上司への対応以上に意を尽くす必要があります。

    まとめ

    これまでの内容をまとめると、

    • 乗る前
    • あなたが上下ボタンを押して、扉の正面でなく降りてくる人の邪魔にならないように待つ
    • 乗るとき
    • あなたから先に乗って、上司が乗ってくるのを促す
    • 乗ってからの立ち位置
    • 操作盤の前に立つのが基本
    • ボタン操作
    • 「開」を押しながら念のため扉押さえ
      行き先階を押してから「閉」を押す
    • 降りるとき
    • 上司から先に降りてもらうよう、「開」を押しながら扉を押さえながら促す
     
    となります。


    ただ、

    特に上司とのエレベーターの乗り方については、会社ごとに、暗黙のものも含めて、ローカル・ルールが定められていることもあります。

    この記事のマナーをベースにしながら、ローカル・ルールについては柔軟に対応してくださいね。


    それでは最後までお読みいただきありがとうございました。

    広告