カメチキンカメチキン

友達の入院お見舞いに行きたいのですが、気をつけたい品物やおすすめの品物はありますか?



うさロングうさロング

入院している方にとって縁起が悪いとされるものには気をつけたいですね。おすすめの品物とあわせて説明しますよ!







入院中のお見舞い

人生でも数回あるかないかのイベントですよね。


それだけに、

何か品物を持って行きたいけれど

・お見舞いとして気をつけたほうがいい品物はない?
・入院してる人がよろこぶ品物ってあるの?


なんて悩んでしまいがち…


そこで、この記事では、
  • 入院お見舞いには気をつけたい品
  • 入院中の女性におすすめのお見舞いの品
  • お見舞いの金額相場
などについて詳しく紹介して行きたいと思います。



入院お見舞いには気をつけたい品物

まず、お見舞いの品物選びをするにあたっては、

  • 治療に支障があるような品物
  • 縁起が悪いとされる品物

には気をつけないといけません。

食べ物

お見舞いの定番である

フルーツの籠盛

など、お見舞いに食べ物を持っていくことは多いと思います。

SNSでも籠盛りフルーツのお見舞いツイートって結構あります。
↓↓↓



なので、もちろん、

食べ物自体がNGというわけではないです。


ただ、治療に支障となる場合もあるので、

事前に食べ物のお見舞いは大丈夫か確認はしておくべきです。


これは管理人の知人のお医者さんから聞いた話。

食事制限があると知ってか知らずか、

お見舞いに食べ物を持ってくる方が多いそうです。


入院してる本人も

せっかくだから一口だけ…

なんて勝手に判断してしまい、

そのせいで

・予定していた検査が中止!
・誤嚥によって病状が悪化!


といったケースがままあるんだとか。


本人もわざわざ差し入れしてくれた友人に気を使ってしまって、

ついつい口にしてしまう…

といったことは十分考えられます。


お見舞いに食べ物を差し入れる場合は、
事前に本人にちゃんと確認しておきましょう。


・どんな症状で入院しているかわからない
・本人にも確認が取れない

そんな場合は、食べ物は避けたほうが無難ですね。



パジャマ


入院中の友達にかわいいパジャマをプレゼントしたい!

と考えているならちょっとだけ待ってください。


実は、パジャマは、

新しいパジャマが必要なほど長い患いを暗示させる

ということで、

お見舞いの品には良くないとされています。


とはいっても、

そもそもお見舞いのマナーは、相手あってのもの。


親しい友人に対して、

・着心地のよいもの
・デザインのよいもの

などがよろこばれることも当然あります。


例えば、この投稿者のように、お見舞いにプレゼントされたパジャマでよろこんでもらえるなら問題ありません。
↓↓↓

こちらの方は結局入院中に着ることはなかったみたいですが
(;^_^A


最終的にパジャマを選択することはOKなんですが、

縁起が悪いと考える人もいる

ということは覚えておいてくださいね。



スリッパ

スリッパも、先ほどのパジャマと同様に、

長患いを連想させる

と考えられています。

もちろん、

パジャマと同じく、本人によろこんでもらえるなら問題ありません。


なお、念のための注意事項を紹介しておきます。

今回、友達に対するお見舞い、ということであれば問題ないのですが、

もし、目上の方に対するお見舞いということであれば、

  • スリッパ
  • 靴下
  • 下着

など、

・腰から下につけるもの
・肌に直接身に付けるもの


失礼とされているので注意が必要です。

ちょっと古い考えですが、

目下の者が差し入れるには、恐れ多い!

ということなんでしょうね。



こちらは語呂から縁起が悪いと考えられています。

つまり、



くし

苦・死

ということです。


正直、こじつけ感が強いですが、

語呂による縁起

に日本人はこだわりがあるんですね。

花が全部ダメというわけではないですよ。

  • 花の機能から物理的にタブーなもの
  • 縁起の悪さからタブーなもの

という観点から、

  • 香りが強い花
  • 花粉が落ちる花
  • 花瓶が必要な花
  • 鉢に植えた花
  • 語呂が不幸を連想させる花

がタブーとされています。

詳しくは、こちらの記事で徹底的に解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。
↓↓↓
入院お見舞いにタブーな花があるってホント?生花が禁止の場合はどうすればいい?


ここで、注意しておきたいのが、

お見舞いの花を全面的に禁止している病院がある

という点です。

衛生面やアレルギーの懸念から、

最近の病院で増えてきています。


見舞いの花が禁止されている病院があることや、

禁止されている場合の対処法についても先ほどの記事で徹底解説していますので、参考にしてください。



お見舞いにおすすめの品物

お見舞いに気をつけたい品物がわかったところで、

おすすめの品物を紹介していきましょう。


お見舞いの品物選びは、

親しい間柄なら本人に聞くのが一番!

うさロング(汗)

と言ってしまったら元も子もないですね…




でも、この気持ちは大切です。


もし本人に確認できるなら確認して、

本人が一番よろこぶものを差し入れてください。


それが無理な場合ですが、

一般的には次のようなものがよろこばれます。

持て余す時間を埋められるもの

入院の経験がある方ならわかると思います。

はっきり言って、入院中は、

暇(ひま)

です。


なので、できるだけ気分がまぎれたり、時間つぶしになるような品物がおすすめ。

例えば、

  • 雑誌
  • 漫画
  • 写真集

などですね。

【本】

・好みがある点
・病状によっては読書が辛い点

そこは気をつける必要がありますが、

好みに合うか心配な場合は、
ジャンルの違う本を数冊買ってみてはどうでしょうか。

ハマりすぎて病状が悪化する心配もあるかも!?
(;^_^A
↓↓↓


ちなみに、
『ベートーヴェン捏造』
評価も高くておもしろそうですよ^^
↓↓↓




【雑誌】

やはり雑誌も定番ですね。
特に女性にはよろこばれるようです。
↓↓↓



【漫画】

漫画も暇をつぶすにはもってこいですね。

ただ、漫画はかなり好みに左右されるので、本よりもチョイスがむずかしいところがありますね。

購入しなくても、

あなたのコレクションを全巻貸してあげる

という手もあります。


管理人が1月ほど入院が必要になった時、
友人からの差し入れで2つの漫画を全巻借り受けました。

ものすごく助かった経験があります。

実際にもよろこばれてます!
↓↓↓





【写真集】

本人が大好きな有名人がわかっているなら、

写真集は眺めるだけでいいのでおすすめですね。

羽生くんなんておすすめかも!?
↓↓↓



病室の雰囲気を明るくするもの

病室の雰囲気を明るくするお見舞い品といえば、

やっぱり




ただ、先ほど紹介したように、

生花を禁止している病院も多いので、

花は花でも、

プリザーブドフラワー

がおすすめ!


  • 生花のように美しい
  • お水は必要ない
  • 匂いがない
  • 枯れることもない
  • 部屋のインタリアとしても飾れる

と5拍子ぞろいです。

よろこびの声をどうぞ!
↓↓↓


なお、当ブログでおすすめしているのは

ガーベラのブリザードフラワー


素朴なのに明るさがあって、

「希望」「前に前進する」

という前向きな花言葉からも元気がもらえます!


こちらからお見舞い用にアレンジしたものが購入できるのでぜひ検討してみてくださいね。
↓↓↓


お見舞いに持参する品物の相場

お見舞い金の相場は、友達の場合は

3,000円程度

とされています。


なので、お見舞いの品もこれぐらいの金額で購入すればいいでしょう。


ただし、複数の友達同士でお金を集めてお見舞い品を購入する場合は、

1人3,000円以下になっても構いません。


あまり高額な品物は、受け取る側も気を使うので高額でも10,000円程度までで!



まとめ

カメチキンカメチキン

友達がよろこんでくれそうは品物が思い浮かびました!



うさロングうさロング

気をつけたいお見舞いの品物を頭に入れつつも、何より優先すべきは相手の気持ちですよ。


まとめると、

見舞いの品で気をつけたいのは、

  • 食べ物
  • パジャマ
  • スリッパ

ですが、本人が好きなら、どうぞ差し入れてあげてください。


入院お見舞いにおすすめなのは、

持て余す暇な時間を埋めるものとして、

  • 雑誌
  • 漫画
  • 写真集

など。

また、明るい雰囲気で元気づけてあげたい、という場合は、

ガーベラのブリザードフラワー

がおすすめ!


素敵なお見舞いの品をチョイスして、よろこばせてあげてくださいね。

それでは最後までお読みいただきありがとうございました。